2016
01.08
30de4bede84f39c2803c8789335e2c59_s

「根抵当権」とは?

日刊 Well Life通信


 

「銀行取引」において、「銀行」と「企業」の間で「融資」と「弁済」が繰り返し行われているのが普通です。この「融資」を受ける際の「担保」として、普通の「抵当権」で行った場合、常に抵当権の設定と抹消を繰り返さなければなりません。そこで登場するのが「根抵当権」です。

つまり、通常の「抵当権」のように「〇月〇日の債権」を担保とするのでなく、「決められた一定の範囲の債権」であれば、「極度額」まではいつでも「借入」できるようにしておけばビジネス上、非常に便利です。

「極度額」とは、言い換えれば「限度額」のことであり、「一定の範囲に属する不特定の債権」をどこまで担保するのかということです。

「根抵当権」を設定する場合には、「根抵当権設定者」と「根抵当権者」の間で契約を結び、「債務者」や「被担保債権の範囲」、「極度額」を定める必要があります。

尚、不動産登記簿の見方ですが、民法で一番強い「所有権」は「甲区」に記載され、「抵当権」や「根抵当権」は「乙区」に記載されます。ともに権利であり、「乙区」に記載されている権利は「所有権移転」の阻害要因になります。

すなわち、決済(抹消)しないと「所有権移転」ができないことになります。

※自動車の車検証の所有者が「乙区」、使用者が「甲区」と考えればわかりやすいです。

普通、宅地分譲の場合、「境界確定協議書の締結」や「都市計画法の開発申請」、「関係公的管理者との事前協議」、「ライフラインの整備」、「開発工事」など、多額の付帯費用がかかります。また、土地そのものの「売買代金」もあります。

それらの権利関係や生活基盤を、全て管理調整できている完璧な土地が分譲宅地だと思ってください。

取引に関しては、その「乙区」の権利を抹消してお渡しします。(あれば所有権移転できませんし・・・)

しかし、購入者が住宅ローンなどを使うのであれば、その融資金融機関の抵当権の設定が必要になります。「甲区」が不動産所有者で、「乙区」が住宅ローンを融資する金融機関です。

世の中、うまくできています。

さらに、抜け目がないのが、「一括競売」と「法定地上権」。そこまで知ると、金融機関を見る目が変わります。

ご興味があれば、また、続編をアップロードします。