2015
05.28

新築マイホーム時代の終焉?

日刊 Well Life通信


都会の活況とは反対に、地方の建売住宅、 分譲マンションの販売は、 厳しさを増す一方でです。
一昨年は消費税の駆け込み需要、そして昨年は消費税増税の各種住宅購入支援策もあり好調な企業も多かったでしょう。
しかしながら、年収が400万円超の団塊世代ジュニア層の購入を先食いしてしまっている感もあり、今年は20歳の人たちが増えているような気がします。
国が新規住宅着工件数を刺激するために打ち続けているカンフル剤、2015年、2016年を最後に効かなくなってくる気がします。