2015
03.22

武蔵小杉で(⌒▽⌒;) オッドロキ!

日刊 Well Life通信


 

2015032202 (1)

長男の大学の卒業式に家内と出席するために上京。宿泊は武蔵小杉。

宿泊した高層ホテルの窓から見下ろすと、この間、「ガイアの夜明け」で放映していたセブン&アイの「グランツーリスモ武蔵小杉」の屋上庭園が見えました。さっそく行ってみることにしました。

周囲に乱立する高層タワーマンション。何戸あるかはわかりませんが、1棟建つごとに1000人単位で住民が増えるそうです。この全ての区分所有不動産に人が住んでいることを想像すると、直木賞を受賞したの宮部みゆきさんの「理由」の舞台になる豪華高層マンションのミステリー小説すら彷彿させます。

武蔵小杉周辺は東横線とIRが追加する利便性の良いところで大人気地域。地方では考えられない販売価格の区分所有が即日完売しているそうです。これからも周辺には4千戸もの供給計画があるようで、その結果、近い将来、武蔵小杉周辺には高さが100mもある高層タワーマンションが10本も建ち並ぶことになります。

リクリルート社の調査によると、関東地域で済みたいまちランキング1位は「吉祥寺」、2位は「恵比寿」。武蔵小杉は前年の12位から9位まで躍進しています。

屋上庭園に出てまず驚いたのが、ヘビーカーの駐車場。地方では考えられない光景でした・・・(;^_^A )。

周辺に住むためには年収1000万円以上ないと住宅ローンは支払えないでしょう。そのエリートサラリーマンの奥さんたちの集まる場所になっているようです。

ここに引っ越してきた奥さんたちをムサコ・マダムとかムサコ・ママと呼ぶそうです。みなさん、おしゃれなファッションに身を包み、子供たちそっちのけで女性同士の会話に花が咲いていました。

それにしても私が住んでいる所とは別世界・・・。政府は地方創生とか再生とかの理念を掲げていますが、2020年の東京オリンピックの開催で、資本の東京・神奈川への一極集中のすさまじさを感じました。