2015
04.09

発展する岡山・・・!

日刊 Well Life通信


IMG_1283

 

岡山へ。

8:30分にJR石井駅からJR徳島駅、JR高松駅経由でJR岡山駅へ。

時間は約3時間。毎回感じる徳島の不便さに辟易しながらも、発展している岡山駅周辺に驚く。

駅前から伸びる市役所通りを歩いていると、西日本最大のイオンモール岡山が出現。岡山駅から地下道を通って高島屋デパート経由で行ける。聞いたところでは経営破たんした林原という会社の跡地だとか・・・?20年ぐらい前、チボリ公園があった時代とまるっきり変わった街並み
に驚くばかり。

sanyoしばらく歩くと阿波銀行岡山支店。徳島の地銀が頑張っているのを見てうれしく思うが、その先の山陽新聞ビルの奇抜なファサードに驚愕・・・。

玄関アプローチの空間を大胆に演出したデザインは、大阪中之島のフォーラム会場や東京台場の建物群に共通している感じがする。

調べてみると設計は「日建設計」というところで、敷地面積は、3,827.77m2(1157.90坪)、建築面積2,835.02m2(857.59坪)、延べ面積は22,981.47m2(6951.89坪)。

構造は、鉄骨造、鉄骨鉄筋コンクリート造および鉄筋コンクリート造、地下1階、地上20階、塔屋2階。ビルの高さはGL+108.33m。今から9年前の2006年に竣工しね日本建築家協会優秀建築選や日本建設業連合会BCS賞などに選ばれている。

 

しばらく歩くと見慣れない施設を発見。

IMG_1285看板を見ると「岡山市コミュニティサイクル ももちゃり」と書いてある。ICOKAカードで自転車を貸し出す施設のようだ。費用は基本料金100円+60分100円で誰でも利用できるようなので、これも経験だと考え利用してみることにする。

あいにくSUIKAしか持ってなかったので試すと作動する。次に現れた画面で氏名を入力する画面になり、面倒くさいのであきらめる。

「ももちゃり」という備え付けの自転車は、身長137cm以上の人なら大丈夫だという説明。京都や奈良などの史跡観光地や神戸や横浜・鎌倉などの歩き観光地にあれば良いのに・・・と思う。

温暖な中国地方の拠点都市として名高いのは広島。しかし、東から訪れる人たちにとっては山陰や四国地方へのハブ的存在の岡山は広島以上に利便性があるように思う。企業の中四国支店としても岡山の方が利便性が高いように感じる。

最近、よく読んでいる直木賞作家 重松 清氏の作品に出てくるふるさとの多くは海の見える瀬戸内海地方。温暖な瀬戸内海気候は日本人のルーツを感じさせるのだろう。また、そのような海山ともに穏やかさを活かして、70年以上前の戦時中は多くの軍艦の製造拠点だった。

太平洋から襲来する台風は四国山脈が堰き止め、中国大陸から降りている寒気は中国山脈が緩和し、本当に瀬戸内海一帯は住みやすそうなところです。うらやましい・・・。