2015
04.10

絶景!世界最大の水上メガソーラー

日刊 Well Life通信


kyocera2_sj

 

(写真出典:京セラ)

兵庫県中南部の加東市に、世界最大の水上設置型の2つのメガソーラーが売電を開始しました。設置芭蕉は農業用ため池の水上です。

規模は1.7MW(メガワット)と1.2MW(メガワット)の合計2.9MWで、年間の発電量は330万kWh(キロワット時)になり、一般家庭の使用量(年間3600kWh)で920世帯分に相当します。

パネルを設置する架台(フロート)は、フランスで実績のあるシエル・テール社の製品だそうで、太陽光パネルを設置するために傾斜をつけた高密度ポリエチレン素材の中空構造の水に浮かぶフロート構造。紫外線や腐食に強いため水上メガソーラーに向いているのでしょう。よく考えられています。

それにしても世界最大の「ため池水上メガソーラー」、壮観です。